「常識」ってあいまいな言葉だなーと思った話

常識とは 思考・気づき

まだ上の双子娘が赤ちゃんだった(歩き始めぐらいの)頃、自分の考えがひっくり返った出来事がありました。

子育てサークルのような集まりで、ある赤ちゃんが長机の上に登り始めたのです。

その部屋は和室で畳、地域の集会所のような場所で長机に座布団で集まっていました。
お母さんは「あらあら」とは言うものの止める気配はありません。

赤ちゃんはもう、完全に長机の上に座っています。
「まだ言っても分からないからねー」と、周りのお母さん達も寛容です。

え、叱らないの??

私はびっくりしました。
我が家では赤ちゃんでも「長机に登る」は叱っていましたから。
テーブルや机には座るもんじゃないという考えがあるからです。

言って分かるかどうか、というより、登ろうとしたら止めます。

赤ちゃんなのでよく分かっていないかもしれないけど、
登ろうとするとママが怖い顔になって怖い声で何か言うので、
それはきっと赤ちゃんにとって気持ちいいことではないので、うちの子の場合はやろうとしなくなりました。

その方法が良いのか悪いのか。止める私が正しいのか間違っているのか、そこに正解はありません。
そのときは『私は人より厳しく言い過ぎなのかな……。』と思いました。

え、叱るの??

ところが、数十分後。

アイスだったかヨーグルトだったか、その赤ちゃんがフタの裏を舐めようとしたとき、
お母さんが慌てて「ダメダメダメダメ!!」って止めたんです。

それは、やっちゃいけません、と。

おおおーと私は目からウロコでした。私だったら、そこはスルーしたかもしれない。
『お母さん、そこは厳しいんだなー!』って。思いました。

何が目からウロコだったかというと、私の中にあった“常識ランキング”の並び方が崩れた瞬間だったのです。

それまではただ、「どこまでのことを厳しく言うか」っていう“度合い”でしか、
しつけに厳しいかどうかの差はないと思っていたのが、
「重要視することが何か」によっても、厳しく言ったり言わなかったりするんだなーって気付いたんです。

私の「常識」は私の中でしか通用しない

そう思ったら、私が思っている「常識」は私の中でしか通用しないんだなってよく分かりました。

周りの人は反対に、私が気にしていない部分を「そこを気にしないなんて非常識」
思っているかもしれないですよね。

常識という言葉がカバーしている範囲って実はすごく「あいまい」で、
本当の「常識」が何を指しているかなんて、実体のないものだなーと感じました。

だから、

常識だよね!という言葉には囚われすぎないように気を付けたいし(そうかどうかは分からないから)、
反対に自分で「常識だ」と思っている行動が、相手にどう映っているかにも気を留めないといけないなと。

なかなか難しいことですが、その出来事をきっかけに気を付けるようにしています。

タイトルとURLをコピーしました