将来の生活設計を複数描いて、一番いい人生の選択肢を見つける方法

Pocket

保険のテレビCMなど、「ライフプラン」という言葉は以前に比べよく耳にするようになりましたが、
まだ“一般的に浸透した”とまでは言えません。

『ライフプランという言葉は聞いたことがあるけれど、結局何ができるの?』という部分を理解できず、
気になりつつも「ライフプランシミュレーションを試したことが無い」という方も多いのではないでしょうか?

今回は、自分でライフプランシミュレーションを行う方法を解説します。

実際にやってみましょう!

分かりやすくするために「サンプル太郎さん・花子さんご夫婦」を例に挙げ、
実際にシミュレーショングラフの画面をお見せしながら説明したいと思います。

【使用したシミュレーションソフト】
今回は、Financial Teacher Systemさんの無料シミュレーションソフトを使用しました。
下記のリンクからご確認ください。
 

参考:Financial Teacher System

まずは条件を設定しよう

最初にシミュレーションの条件を設定しましょう。
今回は、仮に「サンプル太郎さん・花子さん」のプロフィールを一般的な家庭のイメージで作成しました。

本来なら、ここは皆さんのご家庭の「現状」と「将来の希望・予定」を入力する場面です。

☆ワンポイント!☆---------------------------------

現状については、給与明細やねんきん定期便、付けている方は家計簿などを確認し、
なるべく誤差の小さいように入力する方がシミュレーション結果の誤差も小さくなります。

------------------------------------------

将来のことについては、希望することや予定していることを入力します。
今回シミュレーションしたサンプル太郎さん家の設定は、以下の通りです。

<サンプル太郎さん・花子さん ご夫婦 プロフィール>

【今回のお悩み(仮)】
来年、住宅を購入します。3000万円のローンを組む予定ですが、その後の生活は大丈夫でしょうか?

太郎さん=38歳 花子さん=33歳 子どもは2人(3歳女の子・1歳男の子)

【収入】
・太郎さんの年収:480万円 退職金の設定1700万円
・花子さん 現在は無職
・現在の預貯金350万円
・老後は年金収入のみ

【住宅】
・現在は賃貸アパート 月額65000円
・来年、住宅購入予定 頭金200万円 ローン30年固定金利1.5%で3000万円

【教育】
幼・保 小 中 高 までは公立を希望。
大学は 長女私立文系 長男国立 共に一人暮らしと予定する。

【生活費】
毎月22万円 子ども達の独立後は8割で計算する。

【その他支出】
家具家電の買い替え、旅行、車維持費などで生活費と別に毎年15万円の支出を確保。
自動車の買い替えは10年毎に200万、200万、150万(独立後はコンパクトカー)。

—————————————————-

このような例でシミュレーションをしてみます。入力が終わりましたら、早速結果を見てみましょう。

シミュレーション結果はこのようになります

サンプル結果グラフ1

上段のグラフは、年間収支が黒字か赤字かを表しています。

住宅購入や自動車購入のタイミングで年間収支が赤字となり、それ以外の年は、ほぼ±0の収支で
53歳あたりまで推移しています。

以降は赤字の年が続き、60歳時に退職金の収入で大きなプラスを得るものの、
その後はまた赤字の年が続く結果となりました。

下段のグラフは貯蓄額を表しています。

このグラフがマイナスになるということは、貯蓄が尽きている(つまり借金をしている状態)を表しているので、
そうならないようにするのがポイントです。

サンプル太郎さんの現状と将来の予定では、子ども達が大学進学を迎える頃に資金が足りなくなり、
貯蓄が尽きてしまうことが分かります。

退職金により一時的に持ち直しますが、老後はまた資金が足りていない状況を読み取ることができます。

早く気付くことで、計画を立て直すことができる!

このような結果が出るととてもショックに感じますが、大丈夫です。
今それが分かったということは、ここから計画を立て直すことができるからです。

将来の資金不足について早く察知できた方が、対策に掛けられる時間も長くなります。

例えば200万円を1年で用意しようと思ったら、月々16万7000円の貯金をする必要があります。
これが10年掛けて準備するのであれば、月々1万6700円で済むのです。

実際に子ども達が大学に行く直前になって『足りない!』と気付くより、よほど良いということです。
『早く気が付いてよかった!』と考え、将来に渡って破たんしない資金計画を立て直しましょう。

計画を立て直してみる

それでは現状の計画から、新しい計画を立て直してみましょう。

花子さん:「家計を見直して、生活費を毎月3万円下げるはどう?」

☆ワンポイント!☆---------------------------------

生活費に対するお金の使い方を見直し、無駄のない家計にする方法があります。
例えば以下の項目をチェックすると、自分に合った暮らしに必要以上のお金を掛けている項目が
見つかるかもしれません。

  • スマホの契約プランやオプションは、普段の使い方に合っているか?
  • 新聞、定期購読の雑誌、インターネット契約、有料情報サイトなどは、情報源をまとめることはできないか?
  • 習い事や趣味の費用は過剰でないか?気持ちが乗らないまま続けているものはないか?
  • 自動車は維持管理費を含め、乗りこなせているか?必要な時だけレンタカーは?

------------------------------------------

 

太郎さん:「保険の入り方を見直すことで、支出を削減することもできそうだね。」

☆ワンポイント!☆---------------------------------

保険の見直しも有効な手段です。
生命保険は、掛け捨て型の定期保険を利用しながら子どもが独立するまでの期間だけ手厚くする、
などの方法で保険料を低めに抑えることができます。

また「どんな場面で、誰がどう困るのか」を意識すれば、必要な保険を探しやすくなります。
公的な保険(健康保険や遺族年金)で賄える金額も考慮しましょう。

公的な保険で賄いきれない部分に、民間の保険をプラスすると考えます。
職場にグループ保険や団体扱いの保険がある場合は、個人的に民間の保険に加入するよりも
保険料が安くなるので要チェックです。

------------------------------------------

 

次のグラフは、家計や保険を見直す方法で毎月の生活費を3万円削減できた場合の結果です。

サンプル結果2多少マイナス金額が減りましたが、まだ解消されるまでには届きません。
太郎さんは他に方法が無いかを考えました。

太郎さん:「住宅購入の予算を3000万円から2500万円に下げるのはどうかな?」

次のグラフは、生活費は下げず(月22万円のまま)、
住宅ローンの借り入れを3000万円→2500万円にした場合のシミュレーション結果です。

サンプル結果3

太郎さん:「うーん。この場合も、マイナス金額が解消されるまでには届かないんだね。」

花子さん:
「ということは、生活費を3万円下げて、住宅の予算は2500万円に。どちらも実行すればどうかしら?」

と思い付いた花子さん。次のグラフは「生活費3万円ダウン、住宅は2500万円」でシミュレーションした結果です。

サンプル結果4

見事に貯蓄額のマイナスは解消されました。

太郎さん:
「なるほど。今の支出から毎月3万円を減らして、住宅は2500万円程度の予算を検討すればいいんだね。」

☆ワンポイント!☆---------------------------------

ライフプランシミュレーションは、このように住宅ローンの借り入れ金額を検討する場面でも利用できます。
「借入可能額」ではなく、「実際に返せる金額」をベースに検討することが大切です。

具体的に数字で分かれば、夫婦で無駄遣いをしないよう協力するのもやる気が出ますね。

注意点として、削減目標があまりにも現実離れした数字の場合、“計画倒れ”になることも。
これでは見直しした意味がありません。

実行するための算段はあるのか、他にもっといい方法はないのか、じゅうぶん検討する必要があります。

------------------------------------------

ひとまず破たんしない方法が見つかったサンプルさんご夫婦。
ホッと安心したものの、他にも方法がないか考えることにしました。

花子さん:「ちょっと待って。もしかしたら、私が働きに出れば、もっと楽になるかもしれないわ。」

ライフプランシミュレーションは、働き方を検討するためにも使えます

花子さんは、下の子が小学校1年生になる6年後から、大学卒業までの15年間パートに出ることを考えました。
毎月8万円程度(年間96万円)これは時給950円×5h×月17日(週4日)程度のペースです。

その結果は次の通りです(生活費は22万円のまま、住宅ローンも3000万円のまま、当初の予定を設定)。

サンプル結果5

花子さん:「ほら見て。生活費や住宅ローンは減らさなくても、私がパートに出ればマイナスにはならないわ。」

花子さん:
「毎日暮らす家だもの。住宅の規模を小さくするより、私は予定通り3000万円の予算にして、
自分が働く方の計画を選びたくなったわ。

老後の資金がギリギリだから、働く期間を少し延長するか、生活費の節約は実行した方が良さそうね。」

太郎さん:「具体的に数字で分かることが、ライフプランのメリットなんだね!!」

☆ワンポイント!☆---------------------------------

他に方法はないかを検討した結果、花子さんは期間を決めて働くことを選択しました。

具体的に数字で分かることが、これからのライフスタイルを決めたり、
何を優先したいかを決めたり(花子さんは住宅の予算を優先し、働くことを選びましたね)するための
判断材料になります。

それが、ライフプランのメリットです。

------------------------------------------

自分の人生は、自分で采配しよう

今回の記事で、ライフプランの魅力を少しでも感じていただけたらうれしいです。

ファイナンシャルプランナーが力を発揮するのは、サンプルさんご夫婦でいうと
「計画を見直して、将来破たんしないプランをいくつか挙げる」場面です。

ご家族の希望や優先順位を確認しながら、持っているお金の知識もフル動員して、
ふさわしい改善案をいくつか提案することができます。

いきなり相談を持ちかける(全然OKですが)のはちょっと……という方もいらっしゃると思うので、
まずはご自身でシミュレーションをされてみてください。

そして、万が一思わしくない結果が出たときには、この記事をご参考に改善策を検討して頂くか、
私達ファイナンシャルプランナーを頼ってくださいね!

インターネットからでもシミュレーション可能です。今回使わせて頂いたのは

参考:Financial Teacher System

他にも、日本FP協会の診断、金融広報委員会のものなどがあります。

参考:日本FP協会『ライフプラン診断』

参考:金融広報中央委員会『生活設計診断』

ぜひ一度やってみてください。

「自分の人生ですから、自分で組み立てて采配しましょう。」
ライフプランもミッションメイキングも、私は伝えたい想いは共通です^^

メニュー>ライフプランニング

メニュー>ミッションメイキング