その家事は夫婦どちらの担当?「自分でやった方が早い」場合の正解/不正解

暮らし・料理

日常生活の中で『これは自分でやった方が早いわ。』と思う場面が時々あります。

そのときに、「本当に自分でやった方がいい場合」と、
「思っても自分ではやらない方がいい場合」があるんだなぁと思った話です。

そこをどう使い分けるといいのでしょうか?

本当に自分でやった方がいい場合

まず、自分の行動を人に頼む場合は自分でやった方が早い。

どういうことかと言うと、
例えば、自分でもやろうと思えばできることを旦那に頼んで、
いつになったらやってくれるのかとそわそわ気を揉んでいるよりは、
そんなことはさっさと自分で終わらせた方が早いときがあります。

これが、私の「自分でやった方が早いパターン」の、よくある例です。

自分でやった方が早かった、こんな場面。

子どもが小さい時、1人で子ども3人をお風呂に入れるのが大変でした。
そりゃ旦那がいれば見ていてもらえるし早く終わるけど、待てど待てど、帰ってこない

職業柄、途中で切り上げて帰るのが無理な日だってある。分かっているけど

もう!!寝かしたいのに21時になりそう!いつ帰ってくるの!?

とイライラしてくるわけです。
と、なるぐらいなら。余裕がある時間のうちに自分で3人入れる方がイライラしない。

本当に旦那じゃないとできない?

あとは「電球交換してくれない?」とかね。私の場合ですよ。

なんか子どもの頃、実家で父親の担当だった作業って
「男の人がするもの」みたいな思い込みがあるのかもしれませんね。

そんなところで、やってくれるかどうかで父親らしさ、男らしさを評価しなくてもいいよなと。

電球の交換は、ちょっとイスが無いと届かないのが不便なだけで、
自分で出来ないわけではありません。

台所からイスを持ってきて自分で交換すれば、
『いつやってくれるの!』なんて思わなくても30秒で解決です。

そういうのが、私の中で「これは自分でやった方が早いパターン」です。

自分でやった方が早いけど、待った方がいい場合

反対に、自分でやった方が早いと思っても本人に任せた方が良い場合もあります。
子どものやることは特に、任せた方が良い場合が多いです。

  • 子どもがなかなか着替えないとき。
  • 出しっぱなしの物をしまわないとき。
  • 靴がなかなか上手に履けないとき。

そんな時はじれったくなって『私がやった方が早いのに!!』と思う場面もあるけど。

急いでいるときにはそうしてあげたくなるけど、それでもやっぱり自分は待って。
子ども本人にやらせてあげた方がいいのではないかと思います。

まとめ

私の場合の、「自分でやった方が早いわ!」を実行に移すかどうかの使い分けは……

自分の行動を人に頼もうとしているとき→ヤキモキするぐらいなら自分でやる。
他人(特に子ども)の行動を自分が奪おうとしているとき→待って任せる。

きっと仕事は別ですよ、こんなことをしたら、一人でたくさん抱えちゃうので。
これは日常の些細なことについて、思うこと。

「できな~い」なんてかわいく(?)言ってるあいだに、
やれば終わるなと思ったんです。自分に。

そして、たくましくなっていく(笑)。

タイトルとURLをコピーしました