自分はブレブレだと悩んでいるときに意識すると良いこと。

ミッションメイキング

自分はブレブレだという悩み

  • 優柔不断
  • 決めた後に気持ちがブレる
  • 周りの意見に流されてしまう

このように、ブレてしまう自分に悩むことは誰でもあると思います。

気持ちの重心があっちに行ったり、こっちに行ったりするのは、
あまり頻繁だと疲れてしまいますよね。

自分がブレずにいるためには、どのようなことを意識すると良いのでしょうか。

ふとした時に、思い描いている「自分のあり方」

私はこのサイトで「自分らしさ」をテーマに挙げているのですが、

“自分はこういうふうな人でありたい”

という想いは、誰でも自分の中に持っているものです。
普段はあまり意識することはないと思います。

でも、ふとしたときに、例えば、

『座右の銘は……』とか、
『それは私のポリシーに反する』とか、
『逃げるという文字は俺の辞書にはねぇ!!』とか。

……あんまり、日常で使わないですね(笑)。
漫画の主人公でもいいんですけど。

そのような言葉で、「自分はどうありたいのか」をぼんやりと描いていることがあります。

“自分はこういうふうな人でありたい”
という気持ちは、意識しても、していなくても、普段の行動を決める基準になっています。

先ほどの例では、

『逃げるという文字は俺の辞書にはねぇ!!』という人は、
何かをやり遂げる前に退く、というのは身を切る思いの決断になるのだろうし、

『この悪さを見過ごすのは私のポリシーに反する』という人は、
このあと勇気を出して「ねぇ、ちょっと待って。」と声を掛けるでしょう。

自分はブレブレだと悩むときは、「自分のあり方」を意識しよう

もし、自分の性格について『私は決められない性格だ。』『周りの意見に流されてしまう。』
と思っているなら、

その原因は、きっとたくさんの情報に振り回されてしまうことが多いからです。

なので、自分の中にある“自分はこういうふうな人でありたい”という部分を
しっかり持っておけば、入ってくる情報が自分にとって大切かどうかを見分けるのが
簡単になります。

ミッションメイキングは「こうありたい」を自覚できるプログラム

彩りの提供する「ミッションメイキング」は、誰もが自分の中にぼんやりと持っている
“自分はこういうふうな人でありたい”という部分を「自覚する」プログラムです。

“私って、普段からこういうふうな人でいたいと思って行動していたんだなぁ”

を自分で知ることができるプログラムなのです。

それを知っておくことの何が良いかというと、
まず、その先の人生で物事の判断に悩んだ時、迷った時に決断をするのが早くなります

「自分はどういう人でありたいのか」という軸があるので、
それに従って自分の行動を決めることができるからです。

自分はブレブレで迷いすぎるという方は、
どう「な」りたいか、より、どう「あ」りたいか、から考えてみるのがオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました