悩み事を深刻化してしまう人にオススメしたい悩み事の扱い方

思考・気づき

人間、生きていればみんな、大小さまざまな悩み事を抱えているものだと思いますが、
その取り扱いはすごく「煮込み料理」に似ているなぁと、

自分がとある悩み事に悩み過ぎた最中に、
脳みそ内が脱線してそんなことを考えていたので記します。

「悩み事」という具材を煮込む話だと思って、読んでみてください。

ある具材を鍋に入れて、水を足して火にかけます。
強火でぼんぼん火を燃やしていると、鍋はやがてポコポコと沸騰してきますよね。

そのまま強火にかけ続けていると、鍋は煮詰まってきて、焦げたり、
中身がカピカピになってしまいます。

最終的には煙が出て燃えてしまい、火事になって大騒動です。

それではよろしくないので、料理をするときには強火にかけ続けることなく、
途中で“火加減”をします

ちょっと火を弱めたり、とろ火でコトコト煮込んでみたり。

すると、だんだんと味が染みてきます。
具材が1つにまとまって、まろやかになります。

けれど、そのまま火にかけ続けると、たとえ弱火でも鍋の中は結局、
煮詰まってしまいます。

だから、ある程度火にかけたら、鍋はコンロから下ろします

煮物は冷めていくときに、さらに味が染みるともいいます。
余熱で火を通しながら、ゆっくり味を染み込ませます

……なんかすごく、上手くできた話です(笑)。

悩み事を火にかけすぎた20代の頃の私

20代の頃まで、私は悩み事があると「すぐ解決しなきゃ!」って思っていました。

解決しない間はずっと苦しくて、置いておいても悪くなるばかり(のはず)だから、
すぐにでも解決したい!と考えていたのです。

問題の解決だけを考えているこの状況は、
絶えず強火で「お悩み事」を煮込み続けているのと同じこと。

薪をガンガンくべまくりです

この方法はいつも疲れるばかりで、あまり上手くいきませんでした。
解決を急ぎすぎて、問題をより複雑にしてしまうことすらありました(火事ですね(笑))。

悩み事をコンロから下ろすことを覚えた30代

ところがあるとき、悩み事は「解決」「未解決」の2択の他に、
『一旦保留』という3つ目の策があることに気が付いたのです。

「あえて寝かせてみる」という方法です。

すると、その寝かせている時間に自分の状況が変わったり、周囲の状況が変わったり、
新しく情報が入ってきたりと、悩み事解決のためのヒントを得られたのです。

いわゆる「時間が解決してくれる」というやつですよね。

若い頃の私は、そのことを分かっていなかったんです。
むしろ『時間が解決してくれるなんて、なんて人任せなんだろう。』と思っていました。

でも、本当はこういうことなんだなって、「時間が解決してくれるよ」を
上手く使えるようになってから、自分でも「お悩み事」の取り扱いが楽になりました。

ウンウン唸って考えて、分からなかったら考えるのをやめて置いてみる(火から下ろす)。

未解決のまま放置するのは勇気がいるけれど、それは、その問題を捨てたり、
その問題から逃げているのではなくて(←それは性格的にモヤモヤMAX)、

ただ「置いておく」だけなら、見放したことにはなりません
ある程度時間が経ってから、また向き合えばいいのです(煮込み直すということです)。

お悩み事も同時進行で時短解決!?

また、こうやって悩み事や問題、進まないプロジェクトを
「煮込み料理にしよう」と思ったら、火から下ろしているあいだの
「空いているコンロ」がもったいないなーとも思います。

もし直面している問題が1コしかなかったとしたら、

私だったらコンロが空いているのが目に入ったら、
しばらく置かないでまたすぐ火に戻したくなってしまうでしょう。

だから、悩み事を生み出しそうなプロジェクトは、むしろ3つか4つぐらい
同時進行で抱えている方が、効率よくコンロを使えるかもしれません。

自分のこと、夫のこと、子どものこと、仕事のこと、実家のこと……というように。

自分のことだけを考えていればいいのなら楽だけど、
そうはできないし、私はそうしたくないから。

だから私は、悩み事は「煮込み料理」みたく扱って、お料理上手になって対処しようと。
上手くいくことばかりじゃないけど、心がけようと思っています。

タイトルとURLをコピーしました