『自分は心が狭いなぁ……。』と思ったときに、広い心を手に入れる方法

思考・気づき

自分の心の狭さが嫌になる場面はありませんか?

家族や友人に嫉妬したり、『なんだか私ばかり損な目に遭っている……。』と感じたり。

周りが自分を嫌な目に遭わせているわけでもないのに、
自分の「上手くいかない部分」を周りのせいにしたくなって、

イライラしたり。
ウジウジしたり。

でも本当は、上手くいかないのが周りのせいじゃないことは心のどこかで分かっていて。

結果、
『そんな風に思うなんて、自分はなんて心が狭いんだろう……。』
とまた自分を責めて凹んでしまう堂々巡り。

こんなドツボにはまるとき、ありますよね?
私も、昔よりマシになったと思うけれど、今でもあります。

『もっと広い心で周りの人を認めたい。もっと大らかに人に接したい。』

心を広くしたいと思ったら、まず何をすればいいでしょうか?
過去の経験から気付いたことを書きます。

不満をまき散らしていたあの頃

我が家の双子のお姉ちゃん達(今、小4です)が赤ちゃんだった頃。
今から振り返れば、私の心はピークに病んでいました。

外出もままならず、一人になる時間も作れず、身内は遠く、
夫は家庭を優先するわけにいかない職業で。

でも今と比べれば病んでたかもなと思うだけで、当時は自分で『私、病んでる。』とは
思っていなかったし、赤ちゃんはかわいかったし、
それなりに幸せに、平和に日々の生活を回していた感覚です。

ただ、考え方がものすごく卑屈だった。『どうせ……』から考えることが多かったのです。

特に夫には、今思うと申し訳ないぐらい八つ当たりしていたように思います。
やってほしいのに、やってくれた家事に文句を言ったりしていました^^;

その頃、口に出さないままずーっと心にあった気持ちが、

『なんで私ばっかり(損な役回りなの)。』

今思えば、誰にあてがわれたでもない、自分から引き受けたでもない“マボロシな役”を、
なぜか知らぬ間に自分で背負い込んでおいて、周りに不満をまき散らしていました
(はい、今思えば。旦那よすまぬw)。

負の感情から脱出した方法は?

その感情からどうやって脱出できたか?
私は「私も私のしたいことを我慢しないですることにしたのです。

手始めにおもしろそうだなと思った資格を取ることに(これが今につながるFPの資格)。
そして、FPmama Friends に入会!

「子どもが小さいのに今じゃなくても。」と夫に言われたりもしたけれど
(不満をまき散らしていたし、いっぱいいっぱいに見えていたんだろうね)、
私にとってやるべきは「今」というタイミングだったのです。

それは、どうやら私の場合は「母親」という振る舞いから離れられる場所を持っている方が、
時間的に忙しくても心穏やかにいられるようだと、動きながら気付いたからです。

(でも自分の中での優先順位は子どもと家族が第一だから、
「無理してまでやらない」というスタンスは、私はまだ変えていません。)

結果、心がどう変化したか?

自分のやりたいことをやりたいようにやってみたら、
「いつも私ばかり好き勝手やらせてもらって悪いなぁ、ありがたいなぁ。」
と、自然と夫や子どもに感謝の気持ちがこみ上げてきました

そうすると、「たまには夫や子どものために。」と
自分から周りを思いやった行動がとれるようになりました。

『私ばっかり損な役』と、やらされ感満載だった家事や育児が、
嫌じゃなくなったどころか、自分から楽しんでやれるようになったのです。

心が狭いかもと悩んでいる人に伝えたい

という過去の経験から。
もし、『自分は心が狭いなぁ……。』と悩んでいる人がいたら伝えてあげたい。

ドツボにはまっているときほど『人に優しくならなきゃ、人に、人に、……。』って、
視点が周りに対してばかり向きがちなのですが。

人に、人に、じゃなくって、まず見るべき視点の向きは自分だということを。

自分に優しくしてほしいです。
具体的な行動としては、がんじがらめの「やらなきゃいけないこと」を後回しにして、
「やりたいことをやりたいように」やってみるべし

そして、そんな「好きなことを好きにやっちゃう自分」を、まずは広い心で許すべしです。

すると、どうなるか。

きっと『いやぁ~、私ばっか好きなことしちゃって申し訳ないなぁ♡。
たまには家族のために、〇〇でもしようかな。』

みたいな感じで、「やらなければならないものだと自分を縛っていたもの」が、
「やってもやらなくてもいいけど、私がやりたいからやるもの」に変わるはず。

周りに対しても、広い心で接せられるようになります
みんなそうなるか分からないけど、少なくとも私はそうやって脱出できました。

ウソか本当か、本当に脱出できたらラッキーぐらいに思って、
私、心が狭いわと悩んでいる方は試してみてくださいね^^

 

タイトルとURLをコピーしました