5年生の算数。小数の割り算ってどういうこと?

思考・気づき

「宿題の見届け」を皆さんはどのようにされていますか?

私は多分、あまり熱心にやっていない方かもと思います(書いていいのか)。

ただ、授業で分からないところがあったらそのままにしないで、いつでも聞きなよ
とは子どもたちに言ってあります(学校でも先生に聞きなよ、とも)。

何年生の問題までついていけるか分かりませんが(笑)。

そんななか、5年生の娘が『だめだー!分からない!!』と言ってきた問題がありました。
ちょうど私も子どもの頃、同じ問題でつまずいたのを思い出しました。

1.4に分けるってどういうこと?

娘が分からないと言っていたのは、小数の割り算を使う文章問題です。

1.4mで3.5kgの鉄の棒があります。この鉄の棒は、1mあたり何kgですか。

この問題、式は3.5÷1.4となるわけですが、割り算を“分ける”だと理解していた娘は
『1.4に分けるってどういうこと??』と思ったようです。

6個の物を2人に分けるなら、1人分は3個ずつだと分かります。
これも「1あたりの数」を求めているので、やっている理屈は同じはずなのですが。

でも、1.4人に分けるとか意味が分からない!と(笑)。

そりゃ人で考えたらイメージできないですよね。
0.4人ってなんだよってなります。

さて、どう説明したものかと悩みました。

1.4mで分けてるんじゃなくて……

私の理解が合っているかも怪しいんですけど、
娘の話を聞いて「ん?」と思ったところを図で描いて説明しました。

÷1.4の部分は、1.4mじゃなくて、こっちの1.4倍の部分を見てるんだと思うよ。

だから、1.4mに分けてるというより、1.4倍したから1.4で割って戻してる感じじゃないかな。

と。つまり鉄の棒そのものの長さじゃなくて、1mと1.4mを比較した「倍」を根拠に
1.4で割ってるんじゃないかと思うのですが。

あ~……みたいな感じで、スッキリとまではいかなかったようですが、
ちょっとだけ謎が解けたような様子でした。

分数の割り算とか方程式とかを習うと、もうちょっとスッキリそういうことか!
って思うんですけどね。

とりあえず今は「そうするもの」と思うしかないよと話してました。

「なんで」が気になるタイプ・気にならないタイプ

私は娘と同じで『なんで?っていうところが理解できないと覚えられない』という
気持ちがすごく分かります。

娘のモヤモヤ感も同じだと思いますが、ただ「そうするもの」と覚えるしかない、
と言われても、根っこがない感じがして頭に入ってこないんです。

なので私は、ただ公式を覚えるだけというのがすごく苦手でした
(というか、なんでを必要としない暗記系の勉強は全般苦手でした)。

ところが、そこへ夫が帰ってきて。娘の話をしていたら、夫はこんなふうに言うのです。

「知りたい単位の数字で割るってことだけ1つ覚えておけば、
 当てはめて色んな問題の答えが全部出せるんだよ?公式って超便利じゃん。
 公式すげー!公式ありがとー!!って思っていたけどね。」

1つ覚えておくだけで全部解けるなんて神。と。
なんと、そんな考え方があったとは。私には目からウロコな考え方でした。

そういえば、過去にこんなことも。

【おこづかい】子どもが両替の仕組みを理解できないときは?

このときの夫の説明も、いやー私とは理解の仕方が違うんだなと思ったものですが。

そのことを思い出して、
『末っ子くんは、お姉ちゃんたちが分からないと悩んだこんな問題は、
 あっさり理解して悩まないんだろうなー。』なんて思いました。

考えの組み立て方が違うって、おもしろいです。
学年が上がってきて、子どもからの質問が高度になってきました。

最初っから丸投げはもうちょっと考えなよって言うと思うけど、
考えて調べてだめだったら、自分の勉強にもなるので、
なるべく一緒に考えてあげたいなと思います。

そしていつか私が子どもから勉強を教わる日が来る、なんて想像したら幸せです
(もちろん今でも子どもから学ぶことはたくさんありますが)。

タイトルとURLをコピーしました