在宅ワークvsパート勤め両方経験して感じたことを比較しました

在宅ワーク・働き方

パート勤めを始めてまだ数日なので、
これからどんどん思うことが増えていくと思います。

そんな新鮮な数日間で、在宅ワークと比較して
『あっ、これってすごい。』『あっ、この感覚は今まで無かった。』などなど
感じたことをメモしました。

①仕事があるってすごい

まず感じたことは「やってほしい仕事」がある状態ってすごいな、です。

これをお願いします、という作業をひと通り完了すると、じゃあ次は……という感じで、
難しいものからちょっとした作業まで、次々に仕事があるんですね。

そんなことは当たり前かもしれませんが、
“仕事”ってちゃんと世の中にあるんだなぁ……という何を今さらな感想を
働いてみて最初に思いました。

②教えてくれる人がいるってすごい

これもすごいなって思ったんですよ。

在宅だと困っても自分でどうにかするだけなので、
手順なんかを『ここを開いて入力して、次にこのボタンをクリックして…』と
1つ1つ教えてもらえるっていうのが、働いている人には当たり前なのかもしれないけど、
これって当たり前じゃないよーと感激しています。

③難しすぎて「やばいよやばいよ」がやばいけどうれしい

今の状態の、まだ仕事が分からず『ひいいぃぃーー』と思う難しさと、
それを平然とこなしている隣の席のお姉さんと。
仕事で追い詰められる感覚って在宅ワークには無かったかなと思います。

在宅は自分で仕事を入れるからかな?
難しいことや新しいことにも挑戦していたつもりだったけれど、
さすがにこれは、私にはまだ無理かもしれないと思うと相手方にも迷惑がかかるし、
なんだかんだでギリギリいけそう!って思えるところまでしかやれなかったかも。

今はやばいぞ手に負えないかもって思いながらも、
いざとなれば教えてもらえる助けてもらえるからとりあえず挑戦してみよう!って
思えるのは「見てくれている人がいて振られてやる仕事」ならではかもしれないです。

でも、追い込まれながらも「きっとそのうち私はやってる!」という謎の自信があるのは、
目の前にその仕事を平然とこなしながら、
1つ1つ丁寧に教えてくれるお姉さんがいてくれるから。

未知の世界に、やばいよやばいよって追い込まれている自分が、
何だかとても新鮮で、すごくうれしいです。

④時間が過ぎるのが早い

パートに出ているのは末っ子くんがこども園にいられる9時-13時の4時間だけだけど、
家にいる4時間より、時間が過ぎるのがめちゃくちゃ早い

あっもうお迎えだ!という感覚。
ちょうどペースが乗ってきたいいところでパートタイム終了となってしまうのが、
今はちょっと残念です。

来年度は送り迎えがなくなるので、もう少し時間を延ばして働いてみたいです。

⑤集中できるって快感

ねえ、ママ!って途中で呼ばれない快感。
悩みたいだけ悩める快感。
自分で決めた通りに進められる快感。

在宅のときでも午前中は呼ばれないけれど、
集中しているようで集中していなかったな。と。自宅ですからね。

途中で、あ、洗濯回しとこ。とか、
そーいえば金魚にエサやってなかったとか、
目に入るものは気になります。その柔軟さが在宅の良い面でもあったけれど。

時間を決めて働くって脳みその切り替え方が違うなぁと思いました。

⑥天気に神経質

洗濯物をベランダに干したまま仕事に行って、大丈夫かなーとか、
帰りに降るかもしれないから折り畳み傘を持とうかなーとか。

在宅では、あんまり考えたことがなかったです。
朝にちゃんと天気予報を見るようになりました。

⑦朝の緊張感が違う

朝の緊張感が違う。

時間に遅れないようにと、
あと途中で帰れないからそれなりに片付いた状態で出発しよう、
みたいなプレッシャーがあります。

そのためには、何時何分までにこれをやらなきゃっていうタイムスケジュールが
自然と組まれていく感じですね。

これも在宅では、あんまり考えたことがなかったです。

⑧できないですー。がもうかわいくない年齢

新卒と30代半ばは違うなと(笑)。
客観的に見て、私の立場は「ブランク10年で事務のパート勤めを始めた人」です。

できないですー。は、通用しない(かわいくない)歳ですね。
よくこんな私で採用してもらえたなーとつくづくありがたく思います。

だから、できないですー。はナシにしよう。

それは、できないですー。をナシにするために、
「いきなりちゃんとできる」ようにしようという意味ではなくて(それは無理)、
できないと思っても理由が勇気がないだけの問題なら、
とりあえずやってみようという意味で。

新卒の頃のモジモジしてた自分には無かった
「図々しさ」と「何とかなるさ感」が備わったなーと思う30代半ばです(笑)。

溝か壁か分からないけど……

ということで生活のリズムが少し変わって、自分にちょっとドキドキして、
色々敏感なこの気持ちをメモしておこうと思いつくまま書きました。

女性の“ブランク”と呼ばれるものが溝か壁か分からないけど、
それはなるべく低くしておこうと気持ち的にもあれこれ準備していたのに、
それでも、こんなにドキドキするものだなぁって。

ずっと正社員で大変な子育て期を乗り越えたママがいることを思えば、
ちょっとの時間パートに出るだけのことで大袈裟な、という感じかもしれないけれど、

やっぱり面談は足が震えたし、出勤初日は固まったし……。

気持ちは仕事から離れていないつもりで、
おこづかい教室など依頼があれば人前で話すこともやってきていたので、
自分の中では「壁とか溝とかブランクとか、そんなものはない!!」というつもりで
備えていたけれど、それでもこんなに足が震えるものかと。

自分で自分にビックリしました。
でも、そんな気持ちが分かって、よかったなって思いました。

ゆくゆくは在宅ワークの仲介ができたらいいなとか、
これまでからもぼんやりと思っていたけれど、

在宅ワークからハードルなく再就職までつながるような、
もう少し先まで考えた仕組みを作れたらもっといいだろうなと、

今までになかった視点で考えられるようになりました。

勉強しつつ、挑戦しつつ、やりながら考える。
自分が実験体で、これからも気付いたことをどんどん投稿していきたいと思います。

※おこづかい教室・ミッションメイキング・ライフプラン相談などのお仕事は
これまでと変わらず続けていきます。

【関連記事もぜひどうぞ!】

時間配分は自由自在!在宅ワークの魅力を5つ紹介

やって分かった在宅ワーク!お母さんが「家に居ない」のと「居るのに冷たい」のは子どもにとって雲泥の差がある

タイトルとURLをコピーしました