在宅ワークで越えられなかった月15000円の壁をパートにしたら4日で超えた話

在宅ワーク・働き方

以前、こちらの記事で書いたお仕事と収入の話。

過去記事:在宅ワークの現実……収入が上がらない苦しさのこと

パート勤めをし始めて改めて思いますが、本当にただ収入を得たいことが目的だったら
「在宅ワーク」という方法はとても効率が悪かったですね。

外に出られるものなら外に出て、どこかで働いた方がどれだけ手っ取り早いかと、
実際に体感しました。

在宅のときはあんなに頑張っても頑張っても、超えられなかった月あたり15000円の壁。
その金額、パート勤めにしたらたった4日で超えましたから。4日ですよ!?

具体的に今の働き方は
週4日(火~金)×4時間(9時-13時)×時給1000円 です。

1日4000円。そして4日で16000円ということで、壁を越えたわけです。

……と、驚くのはベースが無賃金の専業主婦だったからであって、
勤めている方からしたら当たり前(むしろ少ない?)のことかもしれませんね……
働くってすごいことですね。

在宅ワークのあの時間は何だったんだって思うと悲しくなるけれど、
単純に金額だけを比較するものではないし、得るものはお金以外にあったので、
それはそれで良しとしましょう。

最後には自分の納得感だと思った

さて、以下に紹介する記事は私が在宅でweb記事を書いていた頃に執筆したもので、
マネラボさんで掲載していただいた記事です。

マネラボリンク:『副業時代の選択。「やりがい」は本業に求めるべきか?副業で叶えるべきか? 』

これを今、ご紹介しようと思ったのは「ライスワーク」と「ライフワーク」は
しっかり意識した方がいいなと、改めて感じているから。

在宅ワークで微々たる収入だったときも納得していられたのは、私の場合は
web記事の執筆や不定期に開催しているおこづかい教室が「ライフワーク」だったからです。

そして、私が微々たる収入でも悠長に構えていられたのは、
「ライス」の部分を一手に引き受けてくれている夫のおかげ

もし自分も「ライス」の一部を担わなければ家計が成り立たない状況であれば、
そうはできませんから。本当に感謝しかないです。

夫が今の職業に(ただ「ライス」のためだけじゃなく)「ライス+ライフ」の両方を
感じていてほしいなと願います。

少しでも収入があると自由が大きい

収入が劇的に上がった、と言っても、今の私の状態は以前のブログで書いた
比例のグラフの係数aの数値がちょっとのこと良くなったというだけのことで、
まだまだ頭打ちな世界ですね。

ただ、自分に少しでも収入があるというのは自由が大きいものだなと感じます。

本当に無収入な専業主婦だった頃は、何を買うにも夫の働いてくれた分のお金だと
気が引けて、自分のために使うことを躊躇していましたから。

少しでも収入があれば、その中で資格に挑戦したり、
少し良い化粧品を買ったりと自分のために使うことでも気が楽です。

『今の私には何もできない』と思っていても、よくよく方法を吟味すれば、
小さな「ライフワーク」だったら得られる方法があるかもしれません。

もし、今の状況と気持ちが一致しなくて悩んでいる……という方がおられましたら、
色々を無理だと諦めずにまずは自分の状況を冷静に整理して、家計のこと、
自分の気持ちのこと、こんがらがった悩みの糸をほどく作業から始めてはいかがでしょうか。

私も少しはお手伝いできることがあると思います。

何が言いたいのか段々まとまらなくなってきたので、このへんで。

今回一番言いたかったのは、在宅ワークのあの苦労が、4日で超えたってよ!?
っていう衝撃でした(笑)。

☆「ライスワーク」をいつ、誰が、どう担うか。整理することができるライフプランニング

メニュー>ライフプランニング

過去ブログ:将来の生活設計を複数描いて、一番いい人生の選択肢を見つける方法

タイトルとURLをコピーしました