夏休みの宿題を最終日に溜める娘の気持ちを検証してみた

田舎の子育て
この記事は約3分で読めます。

皆さんは夏休みの宿題を溜める派でしたか?さっさと終わらす派でしたか??

私は、さっさと終わらす派だったので、最終日になっても焦らない娘の気持ちが分かりません。

今回はそういうお話です。

スポンサーリンク

夏休みの宿題を最終日に溜める娘

~私のFacebook投稿より~

宿題をいっぱい溜め込んでいる娘達に、

「夏休みの残りは何日で、宿題はあと何ページ残っているの?」

「割り算習ったでしょう?残りのページ数を残りの日数で割ったら、毎日何ページずつやらないと終わらないか分かるんじゃない?」

というスーパー大ヒントを出してあげた。

「毎日5ページ」

という答えを4日前に出したはずなのに、それから1~2ページずつしかやってない。

「やらなかった分は、また次の日に足されるんだよ?」

というウルトラ大ヒントも、もう出してある。

なのに!なぜ焦らない!!

何考えてるか分からん。ということで、母はもう知らん(笑)。

という母のボヤキをFacebookに載せてみたら、たくさんの方が数々の夏休みの宿題列伝ともいうべきエピソードをコメントにいっぱい記してくださり。

ありがとうございます。

そこから3日が過ぎ、夏休みは後2日。

なのに全く焦ることなく、末っ子と遊んでいる双子娘が不思議すぎるので検証してみた(くなった)。

題して、

【なぜ娘達はあと2日で漢字計算ドリルが20ページ以上残っているのに焦らないのか。】

なぜ娘達はあと2日で漢字計算ドリルが20ページ以上残っているのに焦らないのか

理由①

双子だから。

お互いにお互いを見て、まだ大丈夫そうだなと余裕をぶっこいている。

理由②

1、2年生のときにギリギリ間に合った経験が逆に成功体験となっている。

「なんだかんだで、これまでも間に合ったしね。」ってやつ。

理由③

1、2年生のときに最終日の夜中までがんばる娘を労わりすぎた。

夫婦で爆笑しながらだったけどね。

がんばってるね~あとどんだけあるの~ってチヤホヤと。

夫なんか、ホットミルクをサービスしてたし(笑)。

それが案外、楽しかった思い出と化してる。

※今年は付き合わないでさっさと寝るからねって宣言をしてあります。

理由④

本気を出せば1日で20ページやれる自信があるから。

問題が分からなくて止まるという悩みはないので、そういう焦りは無いみたいな。

……うん。ますます放っておいていい気がしてきた(笑)

何日前……何時間前になったら焦り出すのか見てみたい。

親の尺度と子どもの尺度は違うから

でね、一応

「もう宿題間に合わないまま出してもいいやって思ってるの?」

とも聞いてみたけど、そうは思っていないらしい。

ということは「間に合う」と思っているのだ

つまり。

この状況なら焦るはず。というのは私の尺度なんだな。

もっと考えると、

「宿題は間に合わせるべきだ」

すら、私の価値観かもしれない(間に合わなくていいという考えがあるなんて信じられないぐらいだけど)。

そう思ったら、もう1つだけ、思い当たる理由が出てきた。

去年、最終日の夜中までやって必死で間に合わせて宿題を持って行ったら、夏休み明け初日、先生の対応は「宿題間に合わなかった子はこの土日でやっておいてねー。」というもので

「それだけ!?」と思ったらしい。

もし。

間に合うかどうかの判断をそこまで含めての時間軸で考えてるなら、それは私には無い要領の良さかもしれない。

なんてことをふと思った。

……いやいや!買いかぶりすぎでしょ(笑)!!

子どものやることに口を出さないって難しい。

でも、口を出さずに見届けたら私は私で何か気付くことがあるかも?

ひとまず、いつから本気を出すのか見てようと思います。

自分の「べき」を疑ってみたら、知らない世界があるのかもね。

タイトルとURLをコピーしました