ライフプランとは「木の幹」なんです!

未分類
この記事は約3分で読めます。

私の頭の中にある、このイメージをずーっと伝えたかったんですおねがい

(ありがとうAutoDrawラブラブ!!)

 

 

このように、ライフプランは木の幹になるものだと私は思っていますニコニコ

 

『ファイナンシャルプランナー』という名称も(FPと略しますが)、
雑誌やテレビでよく見かけるようにはなりましたが、

 

個人で活動しているFPはまだまだ少なく、資格保持者の多くは、
保険屋さんや不動産屋さん、銀行、証券などの分野で働く方です。

 

そのため「(多種多様な)本業に添えて、FP資格も活かしている」状況が
多く見られるので、一般の方には

 

・ライフプランって、保険を見直すためのものでしょ?

・ライフプランって、住宅ローンのシミュレーションに使うんでしょ?

 

というイメージを持たれていたり、

 

・あれにもこれにも使われて、結局ライフプランは何が分かるの?

 

という、結局ほわっとしたイメージのままだったりしますあせる

 

でも図に示したように、一般的に一番強くイメージを持たれている
「保険の見直し」とか「住宅ローンの見積もり」などは、

 

私が思うには“枝葉の部分”にあたりますうーん

 

なので、本当は幹になる部分を先に考える必要があって、
そこがまず、しっかりしていることが大切だと私は思っています。

 

枝葉だけを見ていても、全体がどうなっているのかまでは分からないということです。

 

じゃあ、その幹になる部分はどうやって決めていくのかと考えると、

図の通り、その木の根っこには、その方自身の夢や、価値観や、人生観があるわけです。

 

「何を大事にしたくて、どういう生き方をしたいのか。」

 

そこを根っこにして幹となるライフプランを考えます。

 

自分が「歩みたい人生になるように」お金の使い道を振り分けていく……、

ライフプランは、歩みたい人生を歩むための指針となるものですコーヒー

 

その上で、「何にいくら使うかな」と具体的な金額を計上していく段階で、
保険や住宅ローンや教育費や…といった枝葉の部分につながっていきますニコ

 

私は保険を販売する資格は持っていませんが、
ライフプランを作り上げていく中で、こういう視点で選ぶのはどうですか、
という見直しのアドバイスはできます。

 

でも最優先は、根っこにある価値観の部分を見つめること。

 

「どうありたいか。」

 

と、

 

「どうなりたいか。」

 

ライフプランうんぬんに関わらず(いや、本心は興味持ってほしいですけどー)
自分に問いかけてみてほしいなぁと思います^^音譜

 

【今日の一言】

ひらめき電球 自分が、自分の人生の主人公ですほっこりキラキラ

 

ベル 私と一緒に、これからの“作戦会議”をしませんか?

   「気持ち」と「家計」を整理するライフプラン相談

 

ベル 自分で「考えて」「決める」。おこづかいは自立への一歩。

   親子で学ぶおこづかい教室

 

ベル 分からないから不安。分かっちゃえば怖くない!

   学校で教えてほしかった!お金の教室

 

星 ご提供中のメニューと料金のご案内はこちらです。

   【ご提供中のメニューと料金】

   

   お気軽にお問い合わせください^^

 

     右矢印右矢印右矢印 電話 お問い合わせフォーム 

—–

タイトルとURLをコピーしました