自分らしく、暮らそう。

「時間」と「お金」の使い方にこだわって、
価値観を大切にした暮らしを実現しよう。

ライフプラン相談・家計相談・親子おこづかい教室はこちらです

小室山の恐竜広場は伊豆の子連れお出かけスポットの穴場です!

小室山公園 伊豆の魅力
この記事は約5分で読めます。

恐竜大好きっ子さん、必見です。
子連れで伊豆方面へお出かけなら、伊東市にある小室山公園の恐竜広場がおすすめです。

スポンサーリンク

小室山公園の恐竜広場

小室山公園は敷地が広く、梅や、一面に咲くツツジが有名です。
そっちをアピールしているので
観光は花を見ながら散策する高齢者が多いように思います。

ですが、実は伊豆で子どもを連れて遊ぶのにおすすめの穴場スポットなのです。
しかも公園は無料♪駐車場も無料♪

ぐらんぱるやシャボテン公園、アニマルキングダム、バナナワニ園…
どこも入場料がかかりますが、
小室山の恐竜広場なら無料でこの楽しさ(笑)!

    

恐竜広場は、敷地の奥の方、道路から見えないところにあります。

芝生の広場に大きな恐竜のモニュメントがあちこちにあり、
さらにアスレチック遊具は小さい子向けから小学生向けまであります。

私のおすすめ順路をご紹介します。

小室山公園の恐竜広場へ行くには

小室山公園は広いので、車で来るといくつか駐車場があって
どこに停めようかとなるのですが。

恐竜広場を目指すなら、まずは車で奥の方まで、
小室山観光リフトの乗り場前の駐車場を利用すると便利です。

ただ混んでいるときは空いていないので、
下へ降りてちょっと遠い駐車場に停めたりします。

まずはリフトで展望台へ上がるコースが楽しくて楽なので、おすすめです。

小室山観光リフト

小室山レストハウス・リフト
リフトの乗車チケットは片道と往復がありますが、
恐竜広場で遊ぶなら「片道」を買うのがおすすめです。

片道なら大人300円子ども150円で乗ることができます(執筆時)。

まずは展望台へビューンと上がって、
広い公園で遊びながら散策し、歩いて下りてくるイメージです。

リフトは1人乗りで、未就学児は大人の抱っこで一緒に乗ることができます。
これは、息子の様子です。このとき1年生の終わりの3月。

  小室山リフト    

ご覧のように、ベルトも安全バーもなくただイスに座るリフトです。
途中は写真のように高さがあるので、
好きな子は楽しいのですが怖がる子もいるかもしれません。

息子も初めての時はドキドキしながら、棒にしがみついてました。
(降りたら自信がついたのか、また乗りたいと言ってました)。

リフトに乗らない選択もあります。
その場合は700mほど坂道を歩いて展望台へ登ることになります。

もし、展望台へ行かずに恐竜広場へ直行するなら、
遊歩道を逆方向から回れば350mで着きます。

恐竜広場が広いので、到着後さらに広場内を登りながら遊ぶ感じになります。

観光で寄るなら、まずは展望台も楽しめます

リフトを降りると、小室山の展望台に着きます。
伊豆の海が一望できる絶景ポイントです。

小室山展望台

展望台から恐竜広場へ向かってしばらく遊歩道を歩きます。
遠くには大室山も見ることができます。↓

展望台から公園までは下り道が続くので、体力的にも辛くはありません

恐竜広場はこんな感じ!

展望台から下りてくると、最初に大きなブラキオサウルスに出会います!

ブラキオサウルス

この広場にはアスレチック遊具が2つあって、
1つは小さい子向けの高さ+長めのローラー滑り台。
もう1つは小学生向けの高さの遊具です。

ここはトイレもあります
だいたいここで、子どもが動かなくてしばらく遊ぶことになります。

今回は恐竜に夢中で遊具の写真を撮り忘れてしまったので、
遊具については伊東市のHPを参考にしてください。

小室山公園/伊東市

ひとしきり遊具で遊んでから、「他の恐竜も見ようよ!」と移動します(笑)。

あとは広場を順に下っていくと、
色んな恐竜に出会いながらリフト乗り場まで下りることができます。

全てではないですが、写真を撮った恐竜たちをご紹介します。

  恐竜たち  

恐竜広場の楽しいところは、こうやって恐竜に乗ったりもできるところです。

化石のようなモニュメントもあります。

    

アンキロサウルスはゴツゴツして登りやすいそうです(子ども談)。
ブロントサウルスは、ちょうど太陽を背景にかっこいい1枚が撮れました。

    

下りるまでに、一度だけ舗装されていない山道の遊歩道を通ります

道の途中にも小さい恐竜がいるので、
大きい恐竜に登れない小さい子はこちらで写真撮影をすると楽しいです。

ソリを持っていくと楽しいよ!

最後に、もう1つの広場に到着します。
ここはリフト乗り場のすぐ近くにあります。

このように広い芝生の広場で、小さい子向けの低い遊具が置いてあります。

芝生広場

長い芝生の斜面があるので、知っている人はソリや段ボールを持ってきて、
芝生滑りをして遊んだりしています。

リフトだとソリを持ち込むのは大変かもしれませんが、
ダメにしてもいい小さいレジャーシートなどを持ってくると
滑って遊ぶことができます。

そして、リフトの乗り場前の駐車場へと戻るのが、私のおすすめコースです。

その他お伝えしたいこと

広場に自販機がありません

自動販売機はリフト乗り場にあるのですが、途中の恐竜広場の辺りにはありません

いっぱい遊んでのどが渇くので、よく水筒のお茶が無くなってしまいます。
飲み物は多めに用意しておくと安心です。

またコンビニなどは山を下りないとないので、
ピクニックをするならお昼ご飯は事前調達しておく方がいいと思います。

季節によって恐竜や遊具に毛虫がいます

この記事は2回遊びに行ったときの写真を合わせて紹介していますが、
去年の3月末に行った時には小さい毛虫が遊具や恐竜にいて
子どもたちが嫌がっていました。

今回(2月下旬)は毛虫がおらず、快適でした。
多分、3月末には河津桜が葉桜になるので毛虫が付き始めるのだと思います。

またツツジの季節には車が混み合って渋滞するので、
ツツジも見る!という場合はいいのですが、
恐竜でいっぱい遊ぶ!という場合には混雑が予想されます。

真夏は暑いので、「穴場」として恐竜を楽しむのなら、
2月中旬~下旬は河津桜や梅もきれいだし、毛虫もいないしおすすめです。

存分に恐竜に触れ合える小室山公園の恐竜広場。
恐竜好きファミリーさん、ぜひ行ってみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました